HOME>コンテンツ>介護には基本的な研修とより高度な研修から学べます

介護には基本的な研修とより高度な研修から学べます

介護職員初任者研修を受講するメリット

介護職員初任者研修は、介護の知識をきちんと学ぶことが出来ます。家族のために漠然と介護をしていた人がより実践的な部分で介護を知ることが出来ます。また、介護の仕事をしている方は専門的な知識を持つことは必要不可欠です。学んだことは今後の実践で確実に活かせます。職場によっても違いますが、受講することで資格手当をもらえる場合もあります。高いモチベーションが給料アップに繋がるでしょう。キャリアアップのためには資格手当がある職場も良い選択肢となります。また、受講費用は比較的リーズナブルです。スクーリングと通信講座で資格を取得するので、通信講座を活用すれば早めに資格をとることも可能です。早めに取得したら良い即戦力にもなるでしょう。スクールは各種キャンペーンも行っているので上手くいけばさらにリーズナブルに受講できます。

介護職員初任者研修と実務者研修の違い

介護職員初任者研修と実務者研修は一部共通のカリキュラムがあります。介護職員初任者研修は介護の必要な知識や技術の基本を学びます。130時間のカリキュラムで校正されており、教材を使った講義と身体を動かして学ぶ実技があります。修了後は自宅や介護施設で食事や排泄を助けたり、入浴の介助など身体の介護を行います。これから介護を学んでいきたい人に適した研修です。一方、実務者研修は幅広い利用者にサービスを提供するための資格です。上位資格となっており、修了後は「サービス提供責任者」の役職に就けます。3年以上の実務経験を積むことで国家資格である「介護福祉士」を受験できます。他に取得している資格があればカリキュラムの一部が免除されるでしょう。こちらは初任者研修終了後に課せられる筆記試験はありません。高度な知識を学び実習にあてられるためです。

広告募集中